視覚刺激提示ソフトウエア SpStim2

 バージョンアップはこちら

株式会社スペクトラテックの販売する光イメージング脳機能測定装置Spectratech OEG-16/OEG-SpO2専用に開発された視覚刺激提示ソフトウエア。パソコン画面上に視覚刺激提示しながら、同時にネットワーク経由でSpectratech OEG-16/OEG-SpO2の遠隔操作ならびにイベント信号送出を行うことができます。
  PDF: 視覚刺激提示ソフトウェア SpStim2       

  

刺激提示ソフトウエアSpStim2は、Spectratech OEG-16/OEG-SpO2本体を制御するOEG16.exe(あるいはOEGSpO2.exe)が動作してるパソコン上に搭載しても、同じネットワークに接続された異なるパソコン上に搭載しても動作可能です。

 当ソフトウエアからイベント信号がOEG-16/OEG-SpO2に送られることで、刺激提示に同期したイベント信号付の脳血流変化データをOEG-16/OEG-SpO2で得ることができます。

当ソフトウエアで取り扱い可能なファイル形式:
静止画:jpg png bmp gif
動 画:avi mpg wmv mp4
音 声:wav .mp3 .wma m4a

動作OS環境:Windows7配下で動作します。

注1:フラッシング画像とは異なる静止画を2枚指定し、交互に高速で切り替え表示する画像表示のことです。標準設定では8Hzで切り替えます。